お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっと観た『ローレライ』

なぜ「やっと」か。
2月24日、東京では珍しく試写会に当たったのに、仕事で間に合わなかった。
3月4日、公開前日に前売り券を買った。
翌日、行こうと思ったがパチンコにハマって行けなかった。
今日、ちょうど公開日から1ヶ月。やっとマリオンで観れたのだ。

まあまあ良かったんじゃないでしょうか。
やはり、特撮と音響が良かった。潜水艦ものにハズレはない。
(『亡国のイージス』も近々公開。)

公開前から言いたかったことがある。
『樋口真嗣、「特技監督」から、いよいよ「監督」としてデビュー!!!』

デビュー??樋口ぃ、↓これも監督したろ?
P505i0029229381.jpg

フィルモグラフィーから外してるんじゃねーよ!

ハロヲタと映画ヲタの両方をやってる俺じゃなくても、
みんな気がついてるぞ。
『仔犬ダン~』の100倍おもしろかったんだから、
もっと誇りに思って欲しいなぁ。(笑)

スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:5 |
<<出たっ! | ホーム | 楽しく長いイベント終了!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「ナチスの科学力は世界一ぃぃぃぃ!!!」・・・あ、これはこの映画の台詞じゃないか。しかし、この某漫画の名台詞が頭の中に響き渡るような内容であった。あの熱かった時代に日本を救ったのは、まるで50年後にジャパンで作られるアニメを先取りしていたかのような萌え萌え下着
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。●ストーリー1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を
2005-08-26 Fri 14:21 Rohi-ta_site.com
ローレライ&nbsp;はまりますた。この手の映画、大好きです。&nbsp;この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。トレーラー、ちょっと見ただけ。他の方のブログも、読んでいませんでした。&nbsp;何で、この時期に、戦争映画??&nbsp;そ
2005-08-27 Sat 19:18 猫姫じゃ
「ローレライ」(2005) 日本監督:樋口真嗣&nbsp; 製作:亀山千広&nbsp; プロデューサー:臼井裕詞 市川南 甘木モリオ&nbsp; 製作総指揮:島谷能成 関一由 千草宗一郎大月俊倫協力プロデューサー:山田健一原作:福井晴敏 『終戦のローレライ』(講談社刊) 脚本:鈴木智撮.
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。