お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スターウォーズ祭の途中ですが・・・・

立て続けに2本観ました。
『オープン・ウォーター』openwaters.jpg
シチュエーションの勝利です。
もしも、足のつかない海に置き去りにされたら・・・
もしも、その海が鮫でいっぱいだったら・・・
ただひたすらそれだけです。それだけが売りなんですが、
そうなること知っていたから、そこまでの序盤は正直ダレます。
でも、いざその場に自分が居合わせたらと思うと・・・・。
泳ぎに全く自身がなく、足の付かない海が大嫌いな私には
特に嫌な映画でした。
画面がゆらゆら揺れて、こっちまで酔いそうになります。
お金はかかってないし、よく見れば一度もストレートに鮫が襲う描写はないし、
夜の部分は、雷のフラッシュ・バックで見にくいし、実はセコいです。
ラスト・・・・散々気を持たせて、鮫の腹から何が出てくるか・・・・
ひょっとして、最後の最後で・・・・何も起きなかった。拍子抜けでした。
   
      『ザ・リング2』ring2as.jpg
何かあまり評判がよくないようですが、私は楽しかったです。
さすが中田監督。最初の犠牲者の場面から始まって、何かがいそうな不吉なムードが漂っていました。
やはりVFXにはお金がかかっていて、「ここでそんな描写は必要なの?」と思える不思議なシーンが妙にリアルに描かれていました。
特殊メイクも前作に引き続き、あのリック・ベイカー。パーツを取ってみたら、夢に出てきそうなシーンは結構ありました。
難を言うなら、オリジナルストーリーにこだわった為、ちっとも「リング」じゃなくなっています。
最初の方で一人死んでから、何とビデオを焼いちゃうんです。
これはある意味、オリジナルへの挑戦?
母と子の愛で、幽霊の子と戦う話にすり替わってます。主役の二人以外は、どいつもこいつも頼りにならないから、ナオミ・ワッツが出てくると安心しちゃうんですよ。最近のホラー女優は強いですね。
最後、もう一落ち欲しかった気がします。本当のラスト。一瞬画像にビデオ画面みたいにノイズが入るんですが、意図的なのにあまり効果がなかったと思います。
ring2s.jpg

スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:4 |
<<スターウォーズ祭(第5回) | ホーム | 地球、熱っち過ぎです。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

KAZZのこの映画の評価 日本って、ヘアー解禁になりました?しっかり写ってました驚きこの”オープン・ウォーター”は、少しマニア向けかも海外で、ボート・ダイブをしたことがある人は、って、頷けると思うけど。。。海外は凄く適当なんです人数の数え方を...
海に呑み込まれる。なんて悲惨で後味が悪くてとっても酔う映画・・・。9割海の中だから、ゆらゆらしてて後半気持ち悪くなっちった。かなり低予算で作られているのがわかる。「これって映画?ホームビデオでただ撮ってるだけじゃないの?」って思った。エンドロールもすんご
2005-07-03 Sun 15:40 ひるめし。
さるおです。 『OPEN WATER/オープン・ウォーター』を観たよ。 監督は『GRIND/グラインド』に続き今回もまた奥さん(ローラ・ラウ(Laura Lau))と二人三脚しているクリス・ケンティス(Chris Kentis)。 出演は『SEX AND THE CITY』のゲスト、ブランチャード・ライアン(Blanch
今日もお勉強はおいといて(笑)、マンガ喫茶に行って来ました。 そこで、「Drコト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。