お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ターミネーター4(ネタバレあり)&ターミネーター展

t-4i.jpg
賛否両論というほどではないが、イマイチだったという人もいるようだ。
確かに、今までのシリーズと異なり舞台が未来なので、
有り得ない展開に現代人が戸惑う、『ターミネーター』印は失せた気がする。
私は期待しなかった分、楽しめた。『3』なんかより面白い。
t-4l.jpg
『ターミネーター』のラストで、
タイムリープもののお決まりの未来との繋がりを見せ、
「未来が無ければ、現在も無い」というパラドックスを含みつつ、
話が展開してきた。
つまり、本作で描かれる未来は、“過去”でもあるのだ。
t-4p.jpg
『ターミネーター』⇒『同2』⇒『同3』と常に新しいメカに進化してきたが、
今回は1作目のT-800が作られる以前のタイプが登場する。
映画製作年度としては、1作目から数えて四半世紀。
映像技術が進歩したのに、旧式のメカを描かねばならないのは、
『スターウォーズ』のエピソードⅠ~Ⅲと同様だ。
t-4o.jpg
t-4m.jpg
t-4n.jpg
T-800のプロトタイプ=T-600が大活躍するが、メカとしての魅力には欠ける。
(どうして200刻みなのかは、定かでない。)
むしろ1作目から登場しているHKこと“ハンターキラー”や
“ハヴェスター”、"ハイドロボット”、"モト・ターミネーター”
といったメカの方が目新しい。
t-4q.jpg
それから、今回のキーパーソンとして、
“人の心を残した機械”=マーカス・ライトが登場。
機械との無機質な戦いに希望を与える存在だけに、
ジョン・コナーを生かす為に命を落とすのは惜しい。
t-4j.jpg
クリスチャン・ヴェイルが嫌いなこともあるが、
本作のジョン・コナーには全く魅力が感じられない。
『2』でターミネーターに、片足立ちや笑い方を教えた
あのジョンはどこへ行ったのか?
t-4k.jpg
あと2作続くという。いよいよ2029年になり、ジョンの父となるカイル・リース
を過去に送るシーンも出てくるだろう。
今は亡きサラ・コナーも登場するかもしれない。
(多分)「もうターミネーターはゴメン」な、リンダ・ハミルトンは出るのだろうか?
テレビ・シリーズのサラ役に取って代わられるか?
一応、期待して待つとしよう。

*****************************************************

地元のTOHOシネマのデジタル上映で観た後、お台場へ移動。
同日にターミネーター展に行った。
t-4h.jpg
まあ、こんだけのもので1200円は高いが、映画に登場するメカがほぼ全部
展示されているし、監督公認だから仕方ないか・・・
t-4c.jpg
ハイドロボット・・・水中に隠れているからこの名。
t-4f.jpg
t-4g.jpg
モト・ターミネーター・・・発想が現代的かつ、人間的なのが笑える。
t-4e.jpg
t-4d.jpg
T-600・・・弱いよな、正直。
t-4b.jpg
t-4a.jpg
T-800・・・このころから人間の皮膚を装着することを覚える。
なぜ、その皮膚として「カリフォルニア州知事の若い頃」にこだわるのか?
機械の考えることはわからない。(爆)
スポンサーサイト

映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ももクロとの日々 | ホーム | 吉澤ひとみ スペシャルワンマンライブ #3 at STB139>>

コメント

先輩が見に行ったと言っていましたが、
「あれだけのハイテクマシーンなのに、なぜに後方からのロープに捕まってしまうのか?」
と、ツッコミをいれていました。
やはり州知事=強そうな外見は必要ですよね。
いくら強くても外見がMr.オクレではいかにもwww
2009-06-24 Wed 08:25 | URL | フタ [ 編集 ]
確かに。(笑)
その他にも、ツッコミどころはありましたよ。
2003年に医療の検体として体を提供したマーカスは、12年間もどこに保管されていたのか?・・・とか。
その頃のサイバーダイン社はまだ普通の会社だったはず。

>MR.オクレ
貧弱な体の代表格として、ターミネーターのパロディもやったことがある気がします。
同じ知事、同じスケルトン(爆)ということで、東国原氏はいかがでしょうか?
2009-06-24 Wed 08:58 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。