お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ラブリー・ボーン』(ネタバレあり)

lovely.jpg
大阪映画、初日。
『ゴールデンスランバー』を観ようと思ったら、日本語字幕つき?、やめとく。
『ラブリー・ボーン』・・・「愛しく生まれた」のかと思ったら“BONE”=骨か。
変態ピータージャクソンだけに心配だなぁ。

意外とまともだったのではないか?
主人公は14歳で変質者に殺された女の子、スージー。
設定的にはギリギリだと思う。
猟奇殺人の描写を入れたら、感動作でも何でもなくなってしまう。
そこを何とか回避したのが、成功の理由かと思われる。

スージーの遺体が入っているらしき金庫(?)を犯人が処分するところで、
彼女の霊が阻止し、遺体が発見されるかと思わせるが、肩すかし。
もっとも、ここで白骨化した遺体が出てきて、“LOVELY BONE”とか言われても
シャレにならないしなぁ。

犯人の最期も変化球。
氷柱が頭上で揺れて、犯人を直撃するかと思わせて、
「そんな『ファイナル・デスティネーション』なことしねーよ。」
と、滴が垂れただけに留めておく。
その直後、犯人はバランスを崩して崖から転落。
さすが、ピージャク。ひねくれてるったらない。

主演のシアーシャ・ローナン。
超美少女ではないが、切ない演技が絶品。

日本で演らせるとしたら誰か・・・・
・・・早見あかり に決定!!
hayami1.jpg
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<KDD軍団結成! | ホーム | 大阪行き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。